皮膚がんの初期症状
ベーチェット病の症状と写真
爪白癬の治療法と市販薬
内耳炎の症状と治療
急性扁桃炎の症状と原因



 皮膚がんの初期症状の見分け方と画像

ほくろのような黒い模様が広がってきたら、メラノーマという悪性の皮膚がんの初期症状かもしれません。 色は黒色かピンク色が多いですが、茶色や薄いくすんだ肌色のケースもあります。 表皮細胞や汗腺を構成する細胞のDNAが傷ついて急激に増殖を始めると、横方向へ広がり始めます。 3センチ以上の大きさになると画像のように垂直方向への浸潤が早くなり、毛細血管に悪性腫瘍が到達します。

毛細血管に癌細胞が入ると血流に乗って増殖しやすい場所を選びます。 そして臓器などに浸潤すると遠隔転移となって生存率が低下します。 ほくろとの違いは、輪郭が不明瞭であることです。

周縁部と正常な皮膚との境界があいまいで、左右非対称であることがほとんどです。 特にグレードの高いメラノーマは分化度が低く、短い時間で多くの分裂を繰り返すため生存率が低いという特徴があります。 皮膚がんの初期症状の見分け方としては、足の裏や手の裏など物理的な刺激の多い部位を探すことです。

ほくろのようだけど潰瘍状になってきたとか、虫刺されだと思っていたらいつの間にか色が変化しているという場合は気を付けましょう。 普段見えない背中のイボがメラノーマかどうか見分けるコツがあります。 それは時間変化を観察することです。 写真のように悪性の場合は数か月程度の短期間で変化を見せます。

逆に良性のケースだと数年単位でもほとんど形状に変化がありません。 有棘細胞癌は潰瘍化しやすく、リンパ腺からリンパ節への転移をしやすい傾向があります。 有棘細胞癌でも特に皮膚の浅い部分にできた病変はボーエン病(Bowen病)と呼ばれています。
悪性黒色腫はほくろを作り出すメラノサイトががん化したものと考えられています。 紫外線への抵抗力が弱い白人が特に罹患しやすく、オーストラリアでの患者数が年々増加しています。 画像の皮膚がんのように末期になると骨や脳への転移が発生して、抗がん剤治療をすることが多いです。 足の先端にできた場合は、最悪根本から切断することになります。

基底細胞癌(basal cell carcinoma)の色は黒く悪性黒色腫に似ていますが、好発部位が鼻であるため見分けはある程度つきます。 イボがやたら大きくなったような形をしていますので、写真と見比べてみてください。 通常、病院に行くとダーモスコピーという特殊な器具とゼリーを使用して生検せずにある程度診断をつけます。