皮膚がんの初期症状
ベーチェット病の症状と写真
爪白癬の治療法と市販薬
内耳炎の症状と治療
急性扁桃炎の症状と原因
スキルス胃がん



 内耳炎の症状と治療に関して

最近急に耳鳴りやめまい・吐き気がする、人の声が聞こえづらくなったという症状はありませんか? また、何となく見えずらくなった、などの症状がある方は「内耳炎」の可能性がありますので、すぐにお近くの耳鼻咽頭科で診察を受けることをオススメします。

なぜこんなに病院へ行くことをオススメするのかというと、内耳炎は難聴の後遺症が残る可能性があるからです。 内耳炎は単独で起る病気ではなく、中耳炎での炎症が徐々に進行して内耳にまで広がってしまうというウイルス性の感染症です。

内耳には身体の振動を脳に伝達する蝸牛と、身体の平衡感覚を保つ三半規管があります。これらが炎症にかかってしまうと、難聴やめまいなどが起りますが、特に三半規管にまで炎症が広がっている場合には、回転性のめまいが生じ、めまいやはきけなどに襲われます。

原因は大まかに分けて2つあります。

・内耳の近くにある他の器官からの炎症が進行して感染する症状
「急性中耳炎・真珠腫性中耳炎・慢性化膿性中耳炎」などが原因の急性的なものなら、発症時に受診を受ければ回復も早く、慢性的なものは回復の度合いも低く、治療には時間がかかります。

・はしか、インフルエンザ、おたふく、などが原因で発症する症状
ウイルスが血中をめぐって体中をめぐり感染します。これらが元で内耳炎になった場合の難聴は、残念ながら回復は見込めません。難聴の軽度の幅はありますが、回復は難しいです。

治療法では、まず中耳炎の治療から始まり、抗生物質、血流改善剤、副腎皮質ホルモン薬などの投与が行われます。特にひどい慢性中耳炎の場合は手術が必要となる場合があります。蝸牛や三半規管は一度犯されると元には戻りにくい器官なので、耳鳴りやめまい・吐き気などを感じ、おかしいなと感じたら早めの受診を受けましょう。

音が聴こえる原理は、大変複雑です。外耳から入ってきた音は、中耳に伝わり、さらに内耳に入った音は、電気信号に変えられ、聴神経から脳に伝わり、音が聴こえます。 内耳は最終的に、音を電気信号に変えるとても大切な器官ですので、この器官が炎症を起こしてしまうと、人体に深刻な影響を与えてしまいます。

内耳にはもう一つ重要な役割があります。それは、体のバランスを維持する機能を持っており、回転感覚や重力や加速度を感じ、平衡に保つ機能です。 従って、内耳が細菌やウイルスにより炎症を起こすと、難聴だけでなく、めまいや平衡感覚障害を生じるので、とてもつらい症状ととなります。

代表的な内耳炎としては、インフルエンザ内耳炎、ムンプス聾、ハント症候群、内耳ろう孔の4つがあります。 インフルエンザ内耳炎は、インフルエンザにより高熱となり中耳炎を起こすと、一部が内耳炎になります。ほかの3つの内耳炎と違い、完治しやすい内耳炎です。
ムンプス聾は、おたふくかぜ(耳下腺炎)のウイルスによって起こります。ひどいめまいとなり、通例、片側の耳が聞こえなくなってしまいます。ムンプス聾のことを耳下腺炎性聾ともいい、とくに小さな子どもの場合、吐いたりした場合は注意が必要です。

ハント症候群は、ヘルペス(帯状疱疹ウイルス)によるもので、ヘルペスに耳が感染すると、顔面神経麻痺を伴い、難聴やめまいが起こります。難聴が治りにくい、やっかいでつらい病気です。なお、ハント症候群のことを耳ヘルペス(耳性帯状疱疹)ということがあります。

内耳ろう孔は、慢性中耳炎にかかっているとかかる場合がある怖ろしい病気です。中耳炎の中でも、真珠腫性中耳炎という病気は、周りの骨を壊してしまう性質があります。この中耳炎にかかることにより、内耳の中にある三半規管の骨が破壊されてしまい、一部に孔が開き、そこから細菌が侵入して内耳炎を起こします。