皮膚がんの初期症状
ベーチェット病の症状と写真
爪白癬の治療法と市販薬
内耳炎の症状と治療
急性扁桃炎の症状と原因
スキルス胃がん



 爪白癬の治療法と市販薬

爪白癬とは何か知っていますか? この名称だと聞き馴染みがないかもしれません。 これはみなさんが一度は聞いたことがある、いわゆる爪水虫のことです。 症状は人によって違いますが、一番多いのは爪が分厚くなるという症状です。

爪が白色から黄色に変わってしまい、全体的に厚くなり、もろくなってしまうのです。 また、爪が変形するという症状もよくみられます。巻き爪が起こることもあります。 診断は、爪を一部剥奪して、顕微鏡で白癬菌があるかどうかを調べます。

皮膚にできる水虫より爪の方が硬いですので、通常の水虫よりも見つけにくいですが、爪を見れば爪白癬は分かるので見逃すということはありません。 治療法は、飲み薬と塗り薬を併用します。 皮膚より爪の方が分厚く硬いので、市販薬の塗り薬の成分だけでは、患部の深いところまで届かず、なかなか治りにくいからです。

爪白癬の塗り薬は市販薬にはありませんので、皮膚科を受診して塗り薬を処方してもらわなければなりません。 趾間部の白癬菌は趾間部にも行っていることが多いです。 爪白癬にかかっている人は、趾間型の水虫にもかかっている場合も多いですので、皮膚科に行って診断してもらいましょう。

爪は皮膚の表面が変化して角質化したものですが、健康のバロメーターでもあります。 健康な状態だと薄いピンク色をしていてツヤがあります。 ガサガサと白っぽく厚ぼったくなり始めたら、もしかしたら爪白癬の可能性があります。 爪白癬とは爪水虫とも言い、水虫の中でも治療が難しく、治療法も少ないので完治しにくい病気です。

一般的な水虫は、皮膚に白癬菌というカビの一種がつくことで発症します。 症状はいろいろで必ずしもかゆみがあるわけではありませんので、市販薬を短期間塗って後は放置してしまう人がいます。 しかし水虫を慢性化させると、爪にまで菌がうつり、爪白癬になってしまうので初期段階できちんと治療することが大切です。
爪白癬になってしまうと、水虫のように市販の塗り薬で治すのはむずかしいです。 かゆみはあまり感じないので、そのままにしていると、爪がどんどん白癬菌に冒され、変色、変質、変形が進行してしまいます。 水虫は男性特有の病気ではありません。

パンプスやブーツを一日中はいている女性にも多く見られます。 症状に気がついたら、初期のうちに治療をしましょう。 爪白癬は自然治癒することはありません。 市販薬も効きにくいので、飲み薬での治療法がおすすめです。